晴走雨読 横鎌日記

無理しないランニングと気ままな読書について綴ります。横浜と鎌倉が中心。映画やお出かけもあり

桜木町 「一ノ蔵」

 存在は知りつつも、なかなか暖簾をくぐれずにいた店があった。JR桜木町駅から野毛に向かう地下道から、「にぎわい座」方面に出たところにある居酒屋「一ノ蔵」。一人で動くことが多いせいか、なんとなく「団体様」仕様の店に見えて入りづらかったのだが、カウンターもあるし、一度入ってしまえば、さほどの抵抗感はない。

 メニューが豊富。居酒屋なのにラーメンまである。酒は宮城の「一ノ蔵」を中心に、というか「一ノ蔵」ばかりというか、それなりに揃っている。個人的な印象だが、酒は結構安い。デキャンタで頼むとお得感がある(種類によるかも)。

 東北、北関東あたりの料理が多いか。つゆ焼きそばは栃木だろうか。青森にもあった気がしたが、青森はもうちょっと麺が太かったように思えるので、細いのは栃木風だろうか。そういえば、鬼怒川に「スープ焼きそば」なるものを置いている店があったな。

f:id:yanakafu:20170625061345j:plain

 お店の方の説明だと、学生さんたちが腹を膨らますために汁気を足したとのこと。ただ、正直、普通の焼きそばの方が美味しいような気がするなあ。鬼怒川で食べた「スープ焼きそば」(こちらは冷やし中華のように具が多し)も、やや後悔を伴うものだった。

 それはともかく、刺身や揚げ物で一杯という向きにはなかなか良い店と見た。店内の雰囲気も、吉田類の酒場放浪記をイメージさせるような薄暗さで、趣があって良い。仲間と集まって昔を思い出しながらやや声が大きくなってしまうような、そして、それが似合うような店と見た。今度は友人と行ってみたい。